2011年05月24日

戦闘妖精・雪風 アンブロークン・アローを読み終えて

ロンバート大佐のリン・ジャクスンへの30頁にわたる手紙にはじまる本書ですが、ようやく読み終えました。今回は会話・・・言葉で物語が進んでいきます。

【送料無料】アンブロ-クンアロ-

【送料無料】アンブロ-クンアロ-
価格:882円(税込、送料別)



誰が誰に・・・ぼかしてかいてあるようで、徐々に・・・フェアリーという次元の違うジャムの世界論理によって雪風といったコンピュータの認識から物語が進んだり、それに伴い人間の認識する時系列が歪んできたり・・・辻褄があったり、うまく描かれていると思います。

頭の悪い私は、一度読んで種明かしを認識した上でもう一度、確認もかねて読んで楽しめそうです。

上の楽天ブックスのレビューの内容も似たような感じでこういった本も良いかもです。


posted by なでしな at 19:44| Comment(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。